衛生面もしっかり管理|フローリングの滑る現象をペット用フロアコーティングで対策

ペット用のコーティング剤

衛生面もしっかり管理

作業員

フロアコーティングの特徴

フロアコーティングはフローリングを家具家電などの設置跡や生活している時に出来てしまう生活傷などを防ぐ効果があります。また、フローリングの溝に溜まりやすいハウスダストを溜めにくくする効果や、ジュースや食べ物をこぼしてしまった時に撥水効果でシミを防止する効果もあるのです。フロアコーティングに使用されるコーティング剤によって光沢や滑りやすさ、耐久年数などが変わってくるのでコーティング剤はしっかりと選ぶ必要があります。

動物を飼っている家庭向け

犬や猫などのペットと一緒に生活をしている家では、爪や牙などでフローリングに傷がつきやすいです。また、おしっこや動物の独特な獣臭などの問題もあります。このような問題に効果的な塗料を用いたフロアコーティングは最近人気で、特によく滑る子や足腰の弱い子と生活している方に利用されています。怪我防止と衛生面での対策が同時に行えるため、動物と生活している方々には大きなメリットと言えるでしょう。

コーティング剤の硬度

ペット向けのフロアコーティングで使用されるコーティング剤は一般的なコーティング剤よりも高めの硬度になっています。よくペット向けに使用されるコーティング剤でシリコンとガラスがありますが、シリコンの場合だと5Hから使用されており、ガラスの場合だと9Hという高い硬度になっているのです。Hの数字が高くなればなるほど傷がつきにくいとされているので、ガラス素材を使ったコーティング剤はかなりの耐久度と言えるでしょう。

フロアコーティングの施行の流れ

不要な場所の養生

フロアコーティングを行わない場所はしっかりと養生します。養生をきちんと行わないと仕上がりにムラが出てしまうことがあるので、どの業者でも養生は行なうでしょう。養生は床だけでなく家具や壁にまで隙間なく行なうので、万が一塗料や下地処理の洗剤が飛び散ってしまっても影響が出ないようになっています。養生も施工費用に含まれているので、料金が別途発生することはないでしょう。もし不安があれば事前に相談しておくのもいいですね。

施行箇所の下地処理

コーティングを行なう前に必ず下地の処理を行ないます。下地が残ったままコーティングしてしまうと仕上がりにばらつきが生まれ、耐久度も変わってきます。下地処理を行なう際は専門器具を使うのでしっかりと下地を落とすことが出来ます。また、下地を処理する時にフローリングを傷つけてしまわないように最新の注意と長年培ってきた技術で対応するので、安心して任せることが出来るでしょう。

綺麗な状態にする

下地処理が終われば、次にクリーニングを行ないます。汚れを綺麗にしなければフロアコーティングを行なう意味がなくなってしまうため、床汚れ専用の洗剤を利用して丁寧に汚れを磨いていきます。この作業はフロアコーティングの仕上がりに大きく影響してくるので業者を選ぶ場合にはクリーニングをするかきちんと確かめておくといいでしょう。

コーティング

養生からクリーニングまで完了したあとはコーティングです。コーティング剤を塗る場合には、下塗りからまず行ない、次に中塗り、最後にコーティング剤やワックスという順番になります。何度も重ねて塗ることにより美しい光沢と耐久性が増していきます。また充分に乾燥させてから重ね塗りを行なうので、フロアコーティングに時間が掛かる理由はここにあったのです。最後の塗料が乾けばフロアコーティングは完了となります。

一般のコーティング剤

一般的に使用されるコーティング剤とペット用のコーティング剤には使用されている成分に違いがあります。人間よりも動物のほうが薬品や化学物質に敏感なため、ペット用のコーティング剤は動物に優しい素材を利用しているのです。

広告募集中